Google Adwords:キーワードツールの使い方

キーワードツールとは?
 Googleが自社で行われた検索データを元に、あらゆるキーワードの“おおよその”月間検索数を無料で教えてくれるツールです(あくまでもおおよその回数です。なお、Yahoo!やMSNにはこのようなサービスはありません)。
 これを使えば、あるキーワードの月間検索回数を知ることができるとともに、そのワードと関連のある検索回数も同時に知ることが出来ます。そのため、あなたが決めたテーマに関連するキーワードをできるだけ多く抽出することができ、ブログタイトル決めの強力な助っ人になります。
使い方
 ここではキーワードツールの使い方を説明します。パソコン操作に慣れている人にとっては使い方の説明は不要だと思いますが、初心者もいると思いますのでごく簡単にやっておきます。
 まず、キーワードツールのページにいくと、以下のような画面が出てきます。

 ここで青枠で囲まれている欄に自分が調べたいキーワードを入力してみてください(ここではキーワードを例として『三国志』にしてみました)。
 次に赤枠で囲まれたアルファベットを矢印が指し示す空欄に記入して、『検索』を押してみてください。
 しばらくすると、下のような画面が出てきます。

 この画面を見ますと、左から『キーワード』『競合性』『グローバル月間検索ボリューム』『ローカル月間検索ボリューム』『ローカル月間検索ボリュームの傾向』という項目があります。
 なお『ローカル検索ボリューム』は、日本国内での検索回数及びデータが存在する最新の月の検索回数のデータが表示されます。
 『月間グローバル検索ボリューム』は世界での検索回数及び過去12か月間の月間平均検索回数が表示されます。
   ここで重要なのは『キーワード』と『ローカル月間検索ボリューム』だけです。他の項目は無視しても構いません。
 ここまできたら、下の画像の青色で囲んでいるように、『部分一致』から『完全一致』に設定を変えてみてください。

 さて、このときの数値がそのキーワードでの実際の検索回数です。つまり、『三国志』という単語は月間で7万5千回検索されているということがわかります。また『三国志 ゲーム』という複合検索では、月間2400回検索されるということがわかります。
まとめ
 キーワードツールを利用することで、どのキーワードが月にどれくらい検索されるかがわかります。この数値を考慮して、自分のサイトのタイトルなどを決めていきます。ポイントは、検索回数が多すぎるもの、少なすぎるものを避けることです。
なお私は例として『三国志』という単語を入力しましたが、さまざまなものを打ち込んでみて、いろんなことを調べてみてください。