ブログの最適化

はじめに
 ブログ内部でのSEO対策にはさまざまなものがあります。例えば・・・
・タイトルタグ
・メタタグ
・強調タグ
・内部リンク
・キーワードの出現率・出現位置   など
 この中で重要なものは『タイトルタグ』『強調タグ』『キーワードの出現率・出現位置』『内部リンク』です。逆に『メタタグ』などはもう全く気にしなくてよいです(昔は考える必要があったが、現在はその必要は全くない)。
 以下に重要なブログ最適化を説明します。
タイトルタグ
 タイトルに関しては、既に説明しているので、以下のページを参考にしてください。
ブログテーマの決め方 こんなタイトルはNGだ! ブログタイトルの決め方~検索回数~ ブログタイトルの決め方~キーワード~
強調タグ
 強調タグとは、読んで字のごとく強調させる役割を持つもの(タグ)です。ブログとかでよく文字(または文章)が太くなっているのを見たことないですか?こんな感じで⇒SEO対策には内部対策外部対策があります。
 検索エンジンは、テキスト(文字または文章)からしかサイト内容を判断することができません。なので強調タグは、検索エンジンに(もちろん人間に対しても)「ここが文章の中で最も大事なものですよ~」「主張したいものですよ~」とアピールすることができます。
内部リンク
 内部リンクというものは、自分のサイト内にあるページを紹介するときに使うものです。具体的にはこういったものです⇒ブログのSEO対策
よく他の人のブログとかで見ますよね。これが以外にSEO上いい効果を効かせてくれます。
やり方はいたって簡単です。記事の中にこういったタグを記入すればよいのです。

ポイントとしては、こちらとかではなく、しっかりとタイトルにあるキーワードを含んでリンクしてあげることです。そうすることによって、紹介された記事のSEO力(キーワードの関連性)が高まります。
NG例

OK例

記事を書くときに関連ページとして紹介するときに積極的に使ってみてください。
キーワードの出現率・出現位置
 キーワードの出現率・出現位置はけっこう大切な最適化の一つですが、ぶっちゃけあんまり気にしなくてよいです。それは自然に文章を書いていれば、最適な出現率と位置に落ちつくからです。
大事なことは注意点です。それはキーワードを意識しすぎて連呼することです。例えば・・・車関係のブログで、不自然に『車』という言葉を入れすぎること などです。
ポイントは、自然体で文章を書くことです。
まとめ
 昔はブログの最適化といえばかなりの数がありました。しかし最近では検索エンジンの性能がはるかに向上したおかげで、細かいところ(メタタグとか)は全く気にしなくていいようになりました。
 ブログの最適化においては、これまで説明したきたことだけを考慮して、SEOに取り組んでいくだけで十分です。