アルゴリズムって何なの?

はじめに
 検索結果は誰が決める?で、検索結果は検索エンジンそのものが決めると言いました(当たり前ですが)。ではどのようなルールや方法で検索結果を決めているのでしょうか?これがとても気になります。
 いきなりその結論を言いますと、実は検索エンジン(Yahoo!、Google、MSN)が独自に決めている『アルゴリズム』というものが検索結果の表示に関与しています。
 ここでは、このアルゴリズムについて説明したいと思います。
アルゴリズム
 今現在、ウェブ上にあるサイトは星の数ほどに達していますが、あるキーワードに対する検索結果は、これらの無数に存在するサイトの中から選ばれています(抽出されています)。
 そしてそれを直接的に決定しているのが、それぞれの検索エンジンが独自に作成しているアルゴリズムです。
 ここでそもそも「アルゴリズムとは何か?」という疑問が出てきますが、その言葉の意味としては『計算方法』というものがあります。しかしこれではわかりにくいので、単に『アルゴリズム=検索結果を決める仕組み(判断基準)』と認識しても良いと思います。
 さてこのアルゴリズムの詳しい情報についてですが・・・私は全くわかりません。実はアルゴリズムというのは検索結果を機械的に決めるものですので、一切一般人に公表されていません(これを開発した技術者の人たちだけが把握しています)。
 「なぜ公表されないの?」と疑問に感じるかもしれませんが、公表したらそのアルゴリズムに沿ったサイトがバンバン乱立してしまい、検索結果の秩序が保てなくなるからです。
 そのため超極秘なものでブラックボックスの中にあり、誰もその中を見ることはできません。
SEOとはアルゴリズムを追うこと
 さて、アルゴリズムが検索結果を決めますので、そのアルゴリズムをある程度把握できれば、自分のブログ等を上位表示させやすくなります。そのためSEOとは、そのアルゴリズムの詳細を解明することだといっても過言ではないと思います。
 実際、多くのSEO業者がこのアルゴリズムを解明するために、多くの費用と時間をかけて、日夜検証を続けています。
 しかしアルゴリズムというのはものすごく複雑ですので、プロ(業者)の人でも把握できないのが現状です。一説によるとGoogleの場合、アルゴリズムの要素は200以上あると言われています。そしてこの200の要素が相互に作用し検索結果をはじき出しています。
一般人にできることは?
 正直一般人がアルゴリズムを解明することはほぼ不可能です。仮説を立て、データを取って、また仮設を立てデータを取って・・・こんなことを永遠に続けなければなりません。しかもアルゴリズムというのは、刻々と変化しています(検索精度を上げるため)。
 そのため逆にアルゴリズムを追いかけることはナンセンスだと言えます。では一般人はどうすればよいのか?ってことになりますが、難しいことは一切考える必要はありません。
 それは、アルゴリズムを形成している検索エンジンの根本となる概念・本質とSEOとの関係を把握していれば良いのです。かなり抽象的表現ですが、これにつきるのではないかなと思います。
まとめ
 検索結果は、アルゴリズムによって機械的に決められています。そしてそれは一切公表されておらず、しかもとても複雑な要素が絡み合っています。そのためその内容を知ることは不可能です。
 SEOをやっていく中で重要なのは、アルゴリズムではなく、それを形成している検索エンジンの概念・本質的なものとSEOとの関係を把握することだと思います。詳しくはこちらをご覧下さい。検索エンジンの在り方とSEO