サブドメイン型アドレスとは

意味・用法
 サブドメイン型アドレスとは、ブログ会社が指定している文字列の前に、ブログ作成者が好きなワードを入れ込んだアドレスのことをいいます。
 具体的には以下の形式で、○○○には作成者が指定したものが入ります。
http://○○○.ブログ会社指定の文字列
Seesaaブログの場合 ⇒ http://○○○.seesaa.net/
FC2ブログの場合 ⇒ http://○○○.blog.fc2.com/
ウェブリブログの場合 ⇒ http://○○○.at.webry.info/
特徴
 サブドメイン型アドレスのブログは、アドレス形式が『ブログ会社指定の文字列』の前に作成者が決めた文字列があるので、検索エンジンからは独立したサイトとして認識されます。
 (例えば、ウェブリブログを作成した場合、『.at.webry.info/』の前に作成者が決めた文字列(○○○)が来るので、ウェブリブログと違うアドレス(住所)になり、検索エンジンからは新規なサイトとして認識されます。)
 そのため同じブログサービスの中で、自分のブログと内容が似通ったもの(ライバル)がたくさんあった場合でも、検索結果に表示されます。これはメリットです。
 一方、運営元とは独立したサイトとして認識されるので、運営元のドメインパワーはダイレクトに受け取れません。これはデメリットです。
『ブログの作り方』管理人の一言
 このサブドメイン型アドレスを採用している無料ブログサービス会社には、『Seesaaブログ』『FC2ブログ』『ウェブリブログ』などがあります。