RSSとは:ブログ用語集

意味・用法
 RSSとは、サイト(ブログやホームページ)の概要が記述されたファイルのことを言い、RSS登録しているサイトの更新情報を知らせてくれます。
 RSSは、Rich Site Summary、Really Simple Syndication、RDF Site Summaryなどの略です。
解説
 お気に入りのブログがある場合、そのブログの更新は待ち遠しいものです。そのため時間があるごとにそのブログに行き、ブログ記事が更新されているのかを確認してしまいます。
 そこでそのブログが更新されていなかった場合、ちょっとがっかりしてしまいます。そしてお気に入りブログの数が多いほど、ブログ更新を確認する回数とがっかりする回数も多くなります。
 これを解決してくれるものがRSS(アール・エス・エス)というものです。ブログにおけるRSSとは、更新日時や概要、記事の見出しなどの情報が記述されているファイルのことを言います。
 すなわちこのRSSを取り込むことによって、そのブログの更新情報を知ることができ、ブログにわざわざ行かなくても更新情報を把握することができます。
 つまりRSSを公開しているブログのRSSを取得するだけで、ブログチェックの効率が大幅に良くなります。
 RSSの取得には、RSSリーダー(RSSを自動で収集するソフトウェア)やRSS対応ブラウザが必要です。
『ブログの作り方』管理人の一言
 要するにRSSとは、ブログの更新情報を知らせるファイルのことで、それを取得することでブログの更新を簡単に確認できるようになります。
 なおRSSを取得する側でなく、RSSを公開する側から考えて見ると、自分のブログ更新情報をファンの方に直接知らせることができるというメリットがあります。