ペタとは:ブログ用語集

意味・用法
 ペタとは、アメーバブログの機能の一つで、ブログに訪問したことをボタン1つで相手に知らせることができる機能のことです。
解説
 ペタとはアメーバブログ内で「訪問しました!」ということを相手に伝えるための機能です。特徴としてはボタン一つでできる気軽さがあります。ブログ記事は閲覧したが、コメントまではできないときに「ブログ見たよ!」ということを相手に伝えるのに有効です。すなわち閲覧以上コメント未満の挨拶ということです。気軽にできるので、アメーバブログ内で友達を作るのに最適です。
 ペタと似た機能にmixiで見られる足跡機能がありますが、足跡機能は自動的に訪問したことが相手に伝わりますが、ペタではこっちがボタンを押したときに初めて相手に訪問したことを伝えることができます。つまり足跡機能に選択性がついた機能ともいえます。
 ペタには「訪問しました!」ということを相手に伝えるとともに「よかったらうちにも遊びに来てね!」という意味も含みます。そのためこちらからも相手のブログに遊びに行き、ペタをするのが慣例となっています。ちなみにこのことを『ペタ返し』といいます。なおペタ返しは義務ではないので、無理して行う必要はなく、お礼やコメントも無理して残す必要はないと思います。
 ペタ機能のデメリットとしては、ペタを設置しすぎるとブログが重くなることです。また、自分のブログを宣伝するためだけにペタをする人や、SEO効果(被リンク)を狙ってペタをしまくる人がいることです。
 ちなみにアメーバブログのペタ帳へのペタは一日500回までと制限されており、ある一定期間が経つと自動的に解消されていきます。
 なお午前0時から0時1分までのペタは、表示上では00時00分になりますので、ユーザーの中ではシンデレラペタとも言われます。
『ブログの作り方』管理人の一言
 最近ではペタ機能を逆手にとって、自ブログへの誘導や被リンクを目的としてペタを大量にする人が目立ちます。
 ペタの本来の機能は、やはり『気軽な挨拶』だと思いますので、挨拶以外の目的で利用するのは避けたほうが良いのではないかと思っています。