HTMLとは:ブログ用語集

意味・用法
 HTMLとは、ブログやホームページを作成するためのプログラム言語です。Hyper Text Markup Language(ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ)の略で、頭文字をとってHTML(エイチ・ティー・エム・エル)です。
解説
 マウスを右クリックして『ページソースを表示』を押してみてください。今出てきたものがHTMLと言われるものです。
 ブログにかかわらずインターネットで表示されるサイトのほとんどは、このHTMLによって構成されています。HTMLはW3Cという組織によって規格化されており、世界中でサイトを作成するためのスタンダードとして利用されています。
 HTMLはそのソースだけを見るとただの文字の羅列ですが、この文字の羅列が普段見るサイトの構造を定義づけています。世界中のどんなサイトでも、右クリックをして『ソースの表示』を押してみると、必ずHTMLが出てきます。
 『ただの文字の羅列が、なぜ世界中のサイト(ブログやホームページ)の構造を表現することができるのか?』という疑問が出てきますが、ここがHTMLのすごいところでもあります。
 HTMLは、文章の論理構造を記述するとともに、見栄えをよくする工夫や画像・音声・動画などをサイトに埋め込むこともできます。そしてブラウザ(インターネットを見るためのプログラムで、今このページを表示しているもの)が、このHTML(正確にはHTMLとCSS)の定義に従って画面を指定どおりに構成します。
 このように普段見ているサイトは、HTMLがとても重要な役割を担っています。
 そのためブログをカスタマイズするときには、HTMLをいじらなければならずある程度の知識がなければなりません。ブログを極めるためにはHTMLは避けて通れないものですので、少しずつでも勉強していくと良いと思います。
『ブログの作り方』管理人の一言
 現在は、HTMLに変わってこれを改良したXHTMLが主流になってきています。そのため今後は、XHTMLがHTMLに代わり、サイトを作成するためのプログラム言語になると考えられます。
 ですがHTMLはXHTMLのベースとなっているものですので、その重要性は今後も変わりません。