インデックスとは:ブログ用語集

意味・用法
 インデックスとは、サイト(ブログやホームページ)が検索エンジン(GoogleやYahoo!など)のデータベースに登録されることです。
 データベースに登録されると(インデックスされると)検索対象となり、検索結果に表示されるようになります。
解説
 作成したばかりのブログでは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで検索しても、検索結果に表示されることはありません。これは、そのブログが検索エンジンのデータベースにインデックスされていないからです。
 「ブログが存在しているのに検索エンジンに表示されないのはおかしい・・・」と思われるかもしれませんが、検索エンジンの検索結果は、ブログそのものではなく検索エンジンのデータベースにあるものから探し出しています。そのため、データベースに登録されていないブログは絶対に検索結果には表示されません。
 ではどうすればよいのか?それは、検索エンジンのデータベースに登録されれば良いのです。このデータベースに登録されることをインデックスと言います。
 ではインデックスされるためにはどうすればよいのか?それは、検索エンジンのクローラ(インデックスするためのロボット)がそのブログを発見すれば良いのです。クローラがそのブログを発見すると、検索エンジンのデータベースの中に登録してくれます。この時点でようやくインデックスされ、検索結果に表示されるようになります。
 まとめますと、インデックスとは検索エンジンのデータベースに登録されることであり、インデックスがされれば検索結果に表示されるようになります。そのため、ウェブサイトを作成したときには、なるべく早くインデックスされることが重要です。
『ブログの作り方』管理人の一言
 ちなみにグーグルページランクのシステムは、Googleが開発したものでなく、スタンフォード大学が開発したものです。
 そのためページランクの特許はスタンフォード大学が持っており、Googleがページランクの使用権を購入して使用しています。