CSSとは:ブログ用語集

意味・用法
 CSSとは、サイト(ブログやホームページ)のデザインやレイアウトを制御するスタイルシート言語のことをいいます。Cascading Style Sheet(カスケーティング・スタイル・シート)の略で、CSS(シー・エス・エス)です。CSSは一般的に、スタイルシートといわれます。
解説
 ブログやホームページを作成する場合、一般的にHTMLとCSSの2言語が用いられます。HTMLはサイトの文書の意味や構造を定義し、CSSはサイトのデザインやレイアウトを定義します。この2つの言語によって普段見ているサイトが構成されています。
 CSSの役割を具体的に述べますと、サイトにおける文字の色やフォント、画像を用いたレイアウト、背景色などデザインそのものを制御しています。
 サイト構造(HTML)だけでももちろんサイトの構成はできますが、CSSがなければ『デザイン』というものが欠落し、とても味気ないサイトになってしまいます(HTMLでもサイトデザインを制御できますが、とても面倒なことになります)。デザインはあくまでおまけみたいなものですが、CSSがあることによってサイトの華やかさやスタイリッシュさが格段に良くなります。CSSをわかりやすい言葉で言い換えますと、HTMLが持っていない装飾能力を補填してくれるお助けマンともいえます。
 CSSの最大のメリットとしては、HTML文書内に記述しなくても外部ファイルとして各々のページに読み込むことができますので、サイトデザインの一括管理が可能になり、メンテナンス性が著しく上昇することが挙げられます(サイトページの一括管理ができますので、ページ数が多くなってもデザイン変更を一発で完了させることができる)。
 また最近では、デザインだけでなく音声や印刷の制御もできるようになっていますので、CSSの役割は非常に大きなものとなっています。
 なお、ほとんどすべての無料ブログがCSSを採用していますので、ブログカスタマイズを行うためには、HTMLの知識だけでなくCSSの知識も必要となります。
 ちなみにCSSは、すっきりとしたきれいなHTMLを記述することを可能にしますので、SEOという観点からも重要なものとなっています。
『ブログの作り方』管理人の一言
 CSSは、HTMLの規格を定義するW3Cという機関において、1996年12月にサイトデザインを指定するものとして生まれました。
 サイトデザインの一括管理やHTMLの簡素化を可能にしていますので、当サイトもHTML+CSSで構成しています。