アーカイブとは:ブログ用語集

意味・用法
 アーカイブとは、投稿したブログ記事を保存するフォルダのことをいいます。記事作成を行うと必ずその記事はアーカイブに保存され、日別、週別、月別、カテゴリー別の一覧としてページに表示されるようになります。
解説
 いろいろなブログを見てまわると、「最近の記事一覧」や「カテゴリー」といったメニューが表示されており、それをクリックするとこれまで作成したブログ記事が出てくるようになっています。この仕組みはアーカイブといわれるフォルダによって成り立っています。
アーカイブは、過去の記事を特定の単位(日別、週別、月別、カテゴリー別)で分類・保存し、ブログ訪問者が読みたい記事を探しやすくする役割を担っています。なお『アーカイブ(archive)』という言葉は、日本語では『古文書・公文書感』という意味をもっています。
アーカイブの設定はブログ運営者が指定でき、以下の5つから自由に選択することができます(全部でも可能)。
・日別
日ごとに作成したブログ記事を保存・表示させることができ、一日に何度も記事更新を行う人に向いてます。
・週別
週ごとに作成したブログ記事を保存・表示させることができ、毎日記事更新を行う人に向いてます。
・月別
 月ごとに作成したブログ記事を保存・表示させることができ、数日に一回更新を行う人に向いています。
・カテゴリー別
 テーマごとに作成したブログ記事を保存・表示させることができ、サイトボリュームが大きくなったブログに適しています。アーカイブの中では最もよく見られる設定です。
 アーカイブを設定することにより、ブログ訪問者の利便性を上昇させるだけでなく、運営者自身の記事管理も容易になります。
『ブログの作り方』管理人の一言
 アーカイブは訪問者の利便性を上げるための必須項目の一つであると思いますので、なるべく適したアーカイブを設けるようにしましょう。
 なお、アーカイブはブログ記事を保存するフォルダのことですが、記事を保存するソフトウェアのことをアーカイバといいます。