アフィブログとは:ブログ用語集

意味・用法
 アフィブログとは、広義にはアフィリエイトブログすなわちアフィリエイトをやっているブログをさす言葉である。狭義には2ちゃんねるまとめブログに対して非難の意を込めて使われる言葉である。
解説
 アフィリエイトブログもアフィブログもほとんど同じ意味だが、使う人によってその意味合いが若干異なる。
 通常アフィリエイトブログといわれるものは、ブログ運営者がオリジナルに考えた文章やコンテンツを用意してアフィリエイトをやっているブログのことをさす。
 一方アフィブログといわれるものは、巨大掲示板2ちゃんねるのログ(他人のレス等)を利用してコンテンツを作成し、それを利用してアクセスを稼いでアフィリエイトをやっているブログ(いわゆる2ちゃんねるまとめブログ)のことをさす。
 つまりアフィブログは、本人が作成した“オリジナルのコンテンツ”ではなくいわば“他人のパクリ”でアフィリエイトをやっているところが大きな特徴である。そのため他人のレスをパクッて“楽して稼いでいる”と受け取られる場合が多く、非難の対象になっている。
 また、その背景には成功しているまとめブログが以下のような報酬を得ていることもあるようだ(※アクセス数等による完全なる推測)。
≪月収≫
・痛いニュース 500万以上(2011年4月8日 月間1億アクセス突破)
・VIPPERな俺 250万以上
・ハムスター速報 300万以上
『ブログの作り方』管理人の一言
 2ちゃんねるまとめブログの是非については賛否両論がある。
 賛成側は、面白いレスやポイントとなるレスが抽出されてまとめられているので、大元の掲示板を見るよりも時間的にも労力的にも見やすくて便利であるという意見がある。
 一方反対側は、やはり他人のレス等をパクッて楽してお金儲けをしていることを嫌悪・嫉妬する意見がある。
 私の個人的意見では、レスをまとめる作業も楽ではないと思うし、実際私自身もまとめブログの存在は寝る前等にさっくりと読めるのでありがたい存在だと思っています。