アクセスカウンタとは:ブログ用語集

意味・用法
 アクセスカウンタとは、ブログが何回閲覧されたかを表示する機能のことです。
解説
 アクセスカウンタとは、ブログやブログ記事が何回表示されたかを示す機能のことで、ブログの上部などによく設置されています。
 よくサイトを閲覧していると「あなたは○○人目の訪問者です」という表示がありますが、それがまさしくアクセスカウンタです。
 アクセスカウンタは、ページの表示回数を計測しますので、アクセス数と訪問者の数はほとんどの場合一致しません。一人の人があるページを10回連続で表示させると、アクセス数は10回分プラスされます。
 アクセスカウンタと似たものにアクセス解析がありますが、その性能差には歴然としたものがあります。アクセスカウンタではページの表示回数しか計測されませんが、アクセス解析では「訪問者の正確な数」「訪問日時」「閲覧ページ」などといった詳細なデータを入手することができます。似たような名前ですが、それらには歴然とした違いがあり、基本的に訪問者の性格な人数などを把握するにはアクセスカウンタでは役不足です。
 なおアクセスカウンタを設置するメリットとしては、自分のブログに来た人に対して「このくらいの人が遊びに来ています!」というアピールをすることができることです。
『ブログの作り方』管理人の一言
 私が初めてアクセスカウンタを設置したときは「一日にどれくらいの訪問者が来るのか?」ということが気になって仕方がありませんでした。そのため一日に何度も自分のブログを訪れ、アクセス数を確認していました。
 そのときは「おっ!けっこう来てる!!」なんて喜んでいましたが、実は自分が確認のために訪れている回数がほとんどだったという残念な経験があります。